Monitoring and O&M

Amptストリングビュー:正確な同期データ

ストリングオプティマイザのオプション、ワイヤレス・コミュニケーションが低価格でPVシステムの可視性を飛躍的にアップします

img-monitering1

ストリングオプティマイザ

AmptストリングオプティマイザはBOSコンポーネントの約半数を削減し、PVシステムの総費用およびインバーターのワット当り単価を下げます。ストリングオプティマイザはまた、各ストリングにMPPTを2つ設定するので、システムの性能がアップ。本改善は通信による制御無しで実現します。

Amptコミュニケーション・ユニット(CU)

オプションのワイヤレス・コミュニケーションを使うと、ストリングの出力電流と毎日の電力データがAmptストリングオプティマイザから二方向ワイヤレス・コミュニケーションを経由してAmpt CUに保存されます。Ampt CUはModbus/TCPを使ってお客様のSCADAやデータ監視システムにデータを記録します。記録されたデータは、遠隔操作や第三機関の監視サービスなどが現場で使用可能となります。

規模もテクノロジーも柔軟に対応

  • Modbusプロトコル経由でストリング毎のデータ
  • 他社製の監視システムに対応
  • 既存の他社製デバイスとも簡単に統合
  • スマート接続箱の10倍のコストを削減
img-monitering2
img-monitering3

リアルタイムのデータを元に最適な判断を下せる

  • O&M経費削減
  • 試運転チェックが早い
  • より正確な測定
  • 予測能力アップでリスク低下
  • より多くのデータを元に判断を下せる
Image

Amptのテクノロジー情報

お客様のPVシステムを最適化し、ワイヤレス・コミュニケーションを展開するAmptテクノロジーをご紹介します。