Repower PV Systems

既設のPVシステムを再生

Amptオプティマイザによってシンプルかつ低予算で既設のPVシステムをパワーアップし、発電量を増加します。

既設のシステムを再生

slide01

収入増加のためにAmptで再生

Amptのソリューションなら低価格で設置も簡単。ミスマッチ損失を回復し、短期間で目覚ましい投資利益率を実現します。

slide02

Amptがエネルギー損失を回復

既存のケーブルと接続箱を使って、Amptオプティマイザでミスマッチ損失を抑え、システム劣化を60%まで回復します。

slide06

Amptでアップグレードすると投資利益率が飛躍的にアップ

Ampt製品はプロジェクトの環境に関係なく投資利益率を飛躍的に向上させます。Amptはお客様とご一緒に投資利益率アップに最適な手段を考えます。

acg_14_2
acg_14_1

簡単設置、既存部品を活用

  • ストリングを接続箱から外す。
  • 既存ケーブルでAmptストリングオプティマイザの各入力回路に接続。
  • Amptオプティマイザの出力回路を接続箱に接続。
  • インバーターを定電圧または狭い電圧範囲にて作動。
repower-img

Amptでアップグレードすると

  • 高い投資利益率(ROI)
  • 投資回収期間を短縮
  • 年間収益の最大化
  • 低予算でアップグレード

インバーターのアップグレード

acg_14_9

Amptならインバーターと投資利益率の両方を同時に改善

Amptならワット当り低コストなインバーターを使って、システム性能を改善します。
Amptオプティマイザは600Vのシステムに1000Vのインバーターを接続可能にし、インバーターの最大定格出力で作動します。

acg_14_8

Amptによって固定電圧または狭い電圧範囲が可能となる

Ampt搭載の1000Vインバーターは入力電圧を標準作動範囲内かつ600V以下の一定値ないし狭い電圧範囲に設定できます。これにより、インバーターはDC600Vの最大システム電圧を上回ることなく最大定格出力電力を供給できます。

slide03

特許取得済みのテクノロジー・他社製品とは一線を画す

Amptストリングオプティマイザは各入力回路にMPPTがあります。それぞれの入力回路から入ってくる最大電力を合わせ、インバーターの設定する電圧で出力回路へと送られます。また、Amptオプティマイザには出力電圧及び電流制限があり、最大システム電圧を超えないよう調整します。

slide04

インバーターでコスト削減、柔軟なソリューション

Amptを導入すると、現在主力である1000Vのインバーターが使えるようになります。600Vインバーターよりテクノロジーが進化しているので、効率よくワット当りのコストも抑えられます

slide05

Amptでアップグレードすると

  • 高い投資利益率(ROI)
  • 投資回収期間を短縮
  • 年間収益の最大化
  • 低予算でアップグレード

モジュール枚数を増加

acg_14_12

モジュール枚数を増加

Amptを使用してより多くの太陽電池モジュールを追加すると、より多くの電力を長時間供給します。その間は発電量の増加と収益を増やすために、インバーターの制約内にとどまったままです。

IsoAddMoreDCArray_v20180612_AmptOnly-JA

Ampt製品で制約排除

Amptオプティマイザは各入力回路にMPPTを持ち、オプティマイザの出力回路から最大電力を供給します。出力電流はインバーターが設定したDCバス電圧に合うよう調整されます。つまり、Amptオプティマイザを備えたストリングを既存のPVシステムに追加して、非搭載のシステムにみられる電圧インバランス問題を発生させることなくDC負荷を増加させます。

IsoAddMoreDCArray_v20180612_TradVsAmpt-JA

従来の制約にとらわれずモジュール増加が可能

Amptオプティマイザの出力電圧及び電流制限テクノロジーは特許取得済みです。既存の部品(接続箱、ケーブル、インバーターなど)に負荷を掛けすぎることなく高いDC比率を達成します。

solar-panel-img

お問合せ

お客様のシステムを最適化する方法についてご相談ください。

DC側にストレージを追加

img-work-blueprint-1

エネルギー貯蔵システム(ESS)は、PV +ストレージを利用した新たなビジネスモデルが登場し、急速にコストが下がっています。

Amptオプティマイザは、既設の太陽光発電所や水力発電所にDC結合型蓄電池を追加することを可能にします。

Image

詳しくはお問い合わせください。

Amptのテクノロジーがどうやって稼働中のPVシステムを再生し、発電量を増やすのか、ご紹介します。