DC-Coupled Storage

太陽電池を最適化+蓄電池

アンプトを使用したPV+蓄電池システムは、他の設計と比較して、より多くのエネルギーと低建設コストを実現する。

 

アンプトのメリット=より多くのエネルギー量+低建設コスト+将来の拡張性

LowestCostPerkWh-1-20200302ja
LowestCostPerkWh-2-20200302ja

より多くのエネルギー

アンプトを使用したPV+蓄電池システムは、プロジェクトのROIを向上させるために、より多くのエネルギーを生成、獲得、供給する。

低建設コスト

AmptはPV+蓄電池システムのkWh単価を最低限に抑えるために、EBOS,ESSそしてPCSの初期コストを抑えます。

将来の拡張性

Amptは、将来的に蓄電池の追加、モジュールの増設、およびPCSを追加または交換する時に、コストを削減し柔軟性を高めます。

より多くのエネルギー

アンプトを使用したPV+蓄電池システムは、プロジェクトのROIを向上させるために、より多くのエネルギーを生成、獲得、供給する。

ValueGraphics-Storage-px-20200226-RTE_1

充放電効率

インバータと蓄電池コンバータの動作効率が上がることで、高い充放電効率が可能に。

ValueGraphics-Storage-px-20200226-CEH_1

インバータ出力を超えた発電エネルギーを充電

過積載によるインバータ出力を超えた発電エネルギーを蓄電池に充電、アンプトストリングオプティマイザーがあれば、高DC/AC比率(3:1まで)が可能に。

ValueGraphics-Storage-px-20200226-CH_1

電力会社による出力抑制時に発電エネルギーを充電

出力抑制時、蓄電池に充電することで、通常であれば失うPVアレイの発電エネルギーを充電可能。

ValueGraphics-Storage-px-20200226-LVH_1

低電圧時の充電

PVアレイの電圧がパワーコンディショナーの起動電圧以下の時、蓄電池に充電。

ValueGraphics-Storage-px-20200226-MR_1

ミスマッチの低減

影などの様々な要因によるミスマッチ損失をPVストリングレベルの最大出力点追尾トラッカー(MPPT)により低減し、出力電力を最大化する。

ValueGraphics-Storage-px-20200226-MD_1

経年劣化による発電力低下を緩和

太陽光セル、モジュールの経年劣化によるミスマッチから発電力低下を緩和し、システム全体の効率UP。

低建設コスト

AmptはPV+蓄電池システムのkWh単価を最低限に抑えるために、EBOS,ESSそしてPCSの初期コストを抑えます。

EBOSコストの低減

Amptの特許技術により、ストリングあたりのモジュール数が増え、電気的なBOSコンポーネントと工事費を削減できる。

ESSとPCSのコスト低減

Amptは、ワット単価コストを下げるために蓄電池コンバータとインバータの電力密度を高める。

高いDC/AC積載率

Amptオプティマイザによって高いDC / AC積載率(最大3:1)を可能にし、設備投資の削減と蓄電池の運用時間を長くできる。

電気的BOSコストの低減

Ampt ストリングストレッチ®テクノロジーにより、ストリングあたりのモジュール数が増加

Amptオプティマイザは出力電流制限によって、「過太陽光」時のマージンを考慮する必要がなくケーブルの許容電流を低減できます。さらに、Amptを備えたPVアレイは、固定DCバス電圧を高くして電流を下げて動作します(I=P/V)。ストリングあたりのモジュール数を増やすことで、ケーブルおよび接続箱、ケーブルハーネスなどの電気的周辺機器を削減します。

isoStringStretch1ja

ESSとPCSのコスト低減

Amptを使用してESSの低コスト化

Amptを使用するとDCバスがより高い電圧で動作するため、蓄電池コンバータの電力容量を高めながら回路部品を50%削減して回路を簡素化します。これにより、蓄電池コンバータのコストが50%削減されます。

LowerCostBatteryConverter-ja

Amptの作り出す定格電圧でPCSは常に最大電力を供給します。

AmptMode®のPCS(インバータ)は、最大システム電圧に近い固定入力電圧で動作するように製造元で設定されます。 Amptを備えたこの高い固定電圧バスは、PCSにとっての周囲温度やストリング直列数の設計制約を取り除き、AC定格出力電圧を出力するための十分高いDC電圧で動作します。

たとえば、Ampt無しで熱い環境設置された690 VAC定格のPCSは、690 VAC以下の電圧にディレーティングされるため、定格出力で動作できません。 Amptを使用すると、同じ環境のこのPCSは、最大定格電力動作するのでワットあたりのPCSコストを削減できます。

LowerCostInverter-2-ja

PCSのコスト削減

Ampt モード ®のPCS(インバータ)は、Ampt無しの標準のPCSよりも高いAC出力電圧を実現して、ワットあたりのコストを削減できます。

たとえば、Amptの無しの標準のPCS(例えば600VAC出力)は、アレイ電圧の変化に対応するために広い入力DC動作電圧範囲が必要です。このPCSがDC入力動作電圧範囲を維持しながら800 VACを達成するには、1500 VDC以上の入力電圧が必要です。ただし、Ampt有りの同じPCSに固定入力電圧を設定して、800 VAC出力を供給することができます。同じ出力電流で高い出力電圧は、PCSの定格出力電力を増加させ、ワットあたりのコストを削減します。

LowerCostInverter-1-ja

DC/AC過積載

Amptを使用することによって、高いDC / AC比を可能となりシステム全体のコストを削減します

DC側比率が高くすることによって、充電容量を最適に増加させ蓄電池のコストを低減することができます。 Amptの特許取得済みテクノロジーがインバータを保護するので、システム設計者はAmptを使用しないシステムよりも高いDC比率の設計が可能となり、システム全体のコストを削減できます。

HighDC-Comparison1-ja

初期コスト低減のための最適なDC/AC比率

蓄電池のエネルギー貯蔵時間が長くなると、最適なDC / AC比率も大きくなり、これらのグラフに示されているように、全体的な初期設備投資を低減できます。

OptimalDCLoadingGraphs1-ja

Amptが高いDC / AC比率のインバーターを保護

通常動作中、オプティマイザはPV最大出力点(MPP)を維持し固定出力電圧(1350Vなど)で動作し、負荷(系統、バッテリー、またはその両方)にアレイ全体の電力を供給します。インバータが電力抑制モードの場合、オプティマイザーはアレイをMPPから外して出力を下げます。

InverterProtectionAtHighDC2-ja

Ampt係数により高いDC / AC比が可能

本例は、最大DC / AC比が1.52で最小MPP電圧が850ボルト(Amptなし)のインバータの場合です。 Amptを使用すると、インバータ入力は1350ボルトの固定高電圧で動作し、3倍のDC/AC比率が可能となります。

AmptFactor-ja

将来の拡張性

Amptは、プロジェクトのROIを向上させるために、システムの老朽化や収益の変化に応じて、蓄電池、モジュール、PCSを追加または交換するときに、コストを削減し柔軟性を高めます。

icon90-FutureProof-Scalable-01

蓄電池容量と使用時間をスケールアップ

Amptテクノロジーは、低コストで長期にわたって蓄電池容量やその使用時間を増加させる柔軟なオプションを提供します。

  • 低コストのESSコンポーネントで蓄電池容量を増やす
  • 低コストのESSコンポーネントで蓄電池使用時間を延長
  • DCアレイを増設する
icon90-Module1-01

DCアレイの増設

Amptを備えたシステムは、既存の電気周辺機器をそのまま使用して、ストリング間の電圧不一致によるミスマッチ損失することなく、また既存のESSとPCSに過負荷をかけたりすることなく、DC出力容量を増やすことができます。

  • 新しいPVモジュールと従来のPVモジュールを混在可能
  • 高出力のPVモジュールを使用してストリングを追加可能
  • 最大3:1のDC / AC過積載が可能
  • より多くのエネルギーを蓄電池に
icon90-ESS_PCS2-01

低コストでESSおよびPCSの交換

Amptを使用すると、DCバスを固定電圧で動作させることができます。この電圧は新技術コンポーネントの要求電圧に合わせていつでも調整できます。 Amptを備えたシステムでは、コストを下げるための蓄電池の交換オプションが豊富です。

  • 時代遅れのコンポーネントのリスクを回避
  • 古いPVシステムを、新しい低コストの蓄電池コンバータやPCSへ適合させる
  • コストのかかる再配線や埋設工事を回避
  • ESS / PCSの相互運用性を簡素化する
icon90-FutureProof-Repower-01

生涯運用期間でのAmptの利点

Ampt オプティマイザは、既存のPVシステムをアップグレードして年間のリターンを最大化させたい時に、低コストのオプションを提供します。Amptを備えたシステムは、以下から失われるエネルギーを回復します。

  • PVの経年劣化
  • 影等による最大出力動作点のミスマッチ
  • 変換効率の低いインバータ

 

SuperiorStorageWithAmpt1

Amptで一歩進んだ蓄電池システム

  • ソーラー+蓄電池プロジェクトを低予算で
  • 電力変換コスト削減
  • 充放電の効率アップ
  • 大型化へのスケールアップが可能
  • どんなタイプの蓄電池にも対応可能
  • 標準または双方向インバーター対応
  • 簡単かつ低予算で蓄電池の拡大
  • ストリング毎のMPPTで総発電量アップ
  • 接続箱とケーブルを最大50%削減
  • ストリング毎のデータでO&M改善
Image

詳しくはお問い合わせください。

ESSコスト削減と既設アレイの発電量改善を同時に達成するAmptテクノロジーをご紹介します。