Optimize PV Systems

PVシステムの最適化

コスト削減とシステムの性能向上を同時に実現できるのはAmpt製品だけです。

総システム費の削減

Picture1
Picture2

コスト削減、発電量はアップ

Ampt 搭載のシステムは、当初からシステムコストを削減し、発電量を増加するため、稼働期間を通して総収益率が上がります。Amptオプティマイザは最大電圧範囲600〜1500Vに対応し、システムの価値を飛躍的に伸ばします。

発電量向上

slide8

生涯発電量の増加

AmptのテクノロジーでMPPTをアレイ全体に設け、発電施設の生涯を通して発電量が増加します。Amptオプティマイザはストリング間のミスマッチを排除し、劣化による損失を回復します。

slide9

MPPT増加で発電電力も増加

セントラルインバーター においてはアレイ全体に1つしかMPPTがないのとは対照的に、Amptオプティマイザはストリング毎に複数のMPPTを設けます。つまり、Amptを使用すると最大125倍もの最大出力を得られます。

slide02

Amptはエネルギー損失を回復

Amptオプティマイザはシステムの電気系統や環境などが原因で起こるミスマッチ損失を軽減します。システム劣化によるミスマッチ損失も回復します。Ampt製品の利点は、時が経つほど大きくなります。

電気関連BOS費用を削減

Picture4

ストリングのモジュール数は増加、接続箱数(回路数)は低減

Amptストリングストレッチ®テクノロジー(特許取得済み)がストリング毎のモジュール数を倍増します。

電流量を大幅に増やすことなく接続箱に送電される電力量を倍増するため、BOSを減らし、ワット当りのシステムコスト削減を実現します。

インバーター コストを削減

Picture5

Amptならワット当りのインバーター コストを削減

Amptのテクノロジーがインバーター の定格出力電力を最大70%増加します。インバーター を取替えなくても電力量を増やせるため、ワット当りのインバーター コストが抑えられます。Amptモード搭載のインバーター は、システム電圧に合わせてお選びいただけます。

slide15

インバーター 据置きで電力増加、ワット当りのコストを削減

Amptモード®搭載のインバーター は、最大システム電圧に近い狭い範囲の入力電圧で稼働するよう設定されています。そのため、定格出力電力が増加できるよう、電流値はそのままでより高い出力電圧を実現します。

Amptモード搭載のインバーター はシステム電圧に合わせてお選びいただけます。

Image

詳しくはお問い合わせください。

Amptでお客様のPVシステム効率を最適化しませんか?